【ロイヤルガーデン】感想レビュー 姫君と偽りの皇子の恋物語開演!その結末は…

シェアする

お嬢様の集う楽園――”ロイヤルガーデン”

そこに紛れ込んだ、偽りの皇子様

課せられた誓約は二つ

ひとつ、正体を明かすことなかれ

ひとつ、乙女に恋するなかれ

しかし、もし運命なんてものがあるのなら――

どうも、arcaです。

あらすじの書き方が上手すぎて、つい買っちゃいましたよ!

『ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~』

2015年10月にあざらしそふとより発売された本作。
「アマカノ」で有名な同ブランドがシリアス成分を入れ、
新境地を開拓する!と意気込みをみせた作品。

今回はその感想レビューです!
是非ご覧ください!

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
※私の独断と偏見に満ち溢れております。

作品概要

タイトル:『ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~』
ブランド:あざらしそふと
ジャンル:お嬢様に囲まれて過ごすリゾート学園都市ADV
発売日:2015年10月30日
価格:8,800円(税抜)
ディレクター:あおきゅん
シナリオ:温泉大祐、柚坂みる、風見どり、小沢裕樹
原画:神剣桜花
SD原画:星クズの夜
公式サイト↓↓(リンクバナー)
あざらしそふと2ND PROJECT「ロイヤルガーデン」

レビュー(各項目10点満点)

設定・シナリオ 7
キャラクター 8
グラフィック 9
音楽 7
エッチシーン 4
総合評価 8
オススメ 7

全体的に高水準の作品。
キャラクターの可愛さ、グラフィックは流石といったところ。
シナリオに関しては、決して悪くはないが、
どうしてもキャラゲーになってしまった感は否めない。
いや、だって、これはシナリオゲーのビジュアルじゃないでしょ(ほめ言葉)

設定・シナリオ 7

お嬢様の集う楽園 ―― ”ロイヤルガーデン”で繰り広げられる物語。

しがない役者、月宮神狗郎はエルガンディアの皇太子『陽(ヤン)』として、
上流階級の息女のみが集う乙女の園で『皇子』を演じることとなる。

課せられた誓約は二つ

ひとつ、正体を明かすことなかれ
ひとつ、乙女に恋するなかれ

誓いを違えれば、待つのは悲劇の幕切れか。

けれど、【即興(アドリブ)】で演じられる華劇では、何が起こるか誰にも分からない。
そこで出会う【姫君(アクトレス)】は、『皇子』とどんな演目を演じるのか。
人生は舞台。人は皆役者。恋物語に、開演のベルは鳴らない。

公式サイトより抜粋)

お嬢様の楽園に紛れ込む偽りの皇子様。
皇子様と親しくなるうちに、恋心を抱いていくお姫様。
しかし、誓約と身分の違いから皇子は悩んだ末に…

といった感じのお話。

まぁ、あっさり恋しちゃう√もあるんだけどねー!(爆)

全体テーマとしては身分違いの恋
結ばれるために、主人公、ヒロインそれぞれが悩み、葛藤し、そして乗り越えるべき壁にどう立ち向かうのかが見所となる。

√にもよるが、上記をうまく見せていたのが、姫桜√とユエ√。
特に姫桜√は、立場上素直になれない神狗郎と初心だけどプライドが高い姫桜の噛み合わなさがいい感じにやきもきさせてくれた

フィオナ√、ハルルコ√もそれぞれ見所があり、全体としてとても楽しむことができる。

ユエ√に至っては、開幕から衝撃の展開なので、一見の価値あり!

ここまで絶賛にもかかわらず、7点に留まった理由だが、

国家機密という言葉で明かされない事情が要所要所で登場し、なんだかんだでイイハナシダナーと終わる点が見られたためだ。

シナリオも全体的に高評価で設定としても非常におもしろい分、最後の詰めのところまできっちりシナリオを組んでほしかったというのが正直な感想である。

キャラクター 8

ヒロイン全員かわいいです(通常営業)

姫桜:ツンデレ×王道
フィオナ:天然×ミステリアス
ハルルコ:エロ×怠惰
ユエ:お慕い系×???

四者四様といいますか、うまーく成分がずれているので、いろんなタイプのヒロインとの恋愛が楽しめます。

そして、みんなお嬢様なので、基本的に善人ばかりで、
嫌な気分になることがないのもポイントですね。

個人的に好きなのは姫桜

素直じゃない感じが徐々に愛らしくなっちゃいました(笑)

ビジュアルとおっぱいは完全にハルルコがタイプなんですがね

おっぱいと言えば、ヒロイン4人がE・H・G・Hと大々ボリュームなので、
その辺りの趣味思考をお持ちの紳士諸君もニッコリできます。

グラフィック 9

舞台がお嬢様の楽園だけに、きらびやかなCGが多め。
背景の描きこみまでしっかりされており、見ごたえもばっちり。

夏らしい描写も上手で、海に泳ぎに行きたくなりました(どうでもいい)
あと、ロイヤルガーデンにも行きた(ry

CGまとめ記事はコチラ↓↓

音楽 7

とにかくOPがすばらしいです!
ピアノの伴奏に聞き惚れちゃう!

曲名:『Welcom☆Garden』
歌:大島はるな
作詞:SugarLover
作曲・編曲:7GEAR Sound Team

欲を言えば、ボーカルエンディングがほしかった…

エッチシーン 4

各ヒロイン5シーン、ユエのみ1シーン。
(ユエ吉にも5シーン作ってあげてくれw)

1シーンに何発もするが、一回一回はそんなに長くない印象。
どうしてもエロさより上品さがでてしまい、そんなに実用性があるとは思えなかった。
(制服もひらひらしてて正味ドレスみたいなもんだからね)

ただハルルコたんはエロい(確信)

総合評価 8 オススメ度 7

OPとシナリオに惹かれて買った本作ですが、
予想通り楽しむことができたかなと。

設定が好きな方、キャラが好きな方はまず外さない作品のように思えます。

シリアス成分あるとは言え、キャラゲーの中にちょっとシナリオがある程度なので、初心者玄人問わず、幅広いターゲットに向けた作品ですかね。

あと、巨乳好きは今すぐやるのです!

全体のボリュームは15~20時間と平均的。
以上、あざらしそふと『ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~』感想レビューでした!

CGまとめ記事はコチラ↓↓

公式サイト↓↓(リンクバナー)
あざらしそふと2ND PROJECT「ロイヤルガーデン」