ゆずソフト『RIDDLE JOKER』感想レビュー

シェアする

どもども。arcaです!

ついにやりました!ゆずソフトの記念すべき第10作

『RIDDLE JOKER』

実はゆずソフトの作品は初プレイでして、

勝手な偏見で「キャラゲーかー。頑張って最後までクリアするぞー。」とか思っていたら、

ストーリーもおもしろいじゃまいか(*゚ロ゚)ノ

となりましたとさ。

作品概要

タイトル:『RIDDLE JOKER』
ブランド:ゆずソフト
発売日:2018年3月30日
キャラクターデザイン・原画:むりりん・こぶいち
シナリオ:天宮りつ・砥石大樹・保住圭
SD:こもわた遙華
企画:天宮りつ

公式サイト↓↓(リンクバナー)

レビュー

設定:10 /15
シナリオ:18 /30
キャラクター:20 /20
グラフィック:10 /10
音楽:3 /5
エッチシーン:3 /5
システム:5 /5
オススメ度:8 /10
総合評価: 77 /100

感想

ぶっちゃけただのキャラゲーと思っていたら、
ふっつーにシナリオもおもしろかったです。

メインヒロインがパッド

という設定に目がいきがちですが、
「アストラル能力」という超能力を持つ主人公たちが助け合い、時には苦悩しながら、幸せになっていく姿を見るのが楽しかったです。

攻略順は、羽月→あやせ→茉優→千咲→七海としましたが、

最適解は羽月、千咲、七海→茉優→あやせかなと。

茉優√、あやせ√で登場人物の人間関係図が明らかになるので、
最後に取っておいたほうがスッキリするかもしれません。

あと、茉優先輩がかわいすぎて、千咲、七海が若干手につかなかったので、
後半にとって置くことをオススメします(圧倒的主観)

キャラクターの掛け合いがおもしろいのは流石の老舗ブランド。

主人公xヒロインだとどの組み合わせも良いですが、
個人的に推せるのは、主人公xあやせですかね。

パッドが既にばれているからか、主人公だけに見せる黒あやせがたまりません

まぁ、あやせというキャラクターが好きか嫌いかは人それぞれかと思いますが、

・パッドという圧倒的ビハインド

・そのビハインドを覆そうとするが、やっぱり覆せない負け犬感

・負け犬ならではの圧倒的顔芸

と、非常にユーモア溢れるリドルジョーカーの顔になってくれています。

あやせにフォーカスしましたが、他にも魅力的なキャラは多く、
キャラクターかわいい!と思った方にはプレイをオススメします!
(プレイして印象が落ちるキャラはいませんでしたし。)

個人的には、茉優先輩が今年一でした。
年上x甘えん坊x巨乳とか最強か!?

(おっと勢いあまってエロCG入れてしまったぜ…!)

いやぁ、何度見ても可愛いですね(べた褒め)

そのほかのキャラも魅力的なので、お気に入りCG貼っておきますね(ニッコリ

最後に…

神作品!とは言いませんが、全体的にクオリティの高い良ゲーとなっています。

「ゆずソフトだし、とりあえずやっとけ」

と、ある方の名言もありますし、お時間ある方はプレイしてみてはいかがでしょうか!
(私は20時間ほどでクリアしました)

ではでは、これにて!

公式サイト↓↓(リンクバナー)