【Re:LieF~親愛なるあなたへ~】感想レビュー 今を変えたいと願うあなたへ。

シェアする

どうも、arcaです。

今回はRASK処女作『Re:LieF~親愛なるあなたへ~』の感想レビューです!

発売前から注目されていた作品で、かくいう私もシナリオに期待して、
発売当日(10/28)に購入し、10/29にクリア、10/30に2周目をクリアしました笑

グラフィック、音楽の完成度は体験版から目を見張るものがあり、
シナリオはさて、どうだ!と蓋を開けてみると…

名作でしたね!!(๑•̀ㅂ•́)و✧
relief_title

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
※私の独断と偏見に満ち溢れております。
※致命的なネタバレがないように心がけていますが、多少の範囲はご了承ください。

スポンサーリンク

概要

タイトル:『Re:LieF~親愛なるあなたへ』
発売日:2016年10月28日
ブランド:RASK
ジャンル:もう一度学園生活を送るADV
ディレクター:雫将維
原画:クロノミツキ、雫将維
シナリオ:えある 平乃ひら とべあきら
背景:mocha・胡太郎
サウンド:金閉開羅巧夢
ムービー:Syamo
デザイン:shotaro ichinose
公式サイト↓↓(リンクバナー)
relief_kvbnr

レビュー(各項目10点満点)

設定・シナリオ 8
キャラクター 10
グラフィック 10
音楽 10
エッチシーン 2
総合評価 9
オススメ 9

ここまで色がついた得点表を見るのも久しぶりだ…(゜ロ゜)

シナリオゲーでありながら、キャラクターのデザイン、設定、関係図がかなり練られていて、正直キャラゲーとしても十分なクオリティ。背景含め、描写が綺麗で、得も言われぬ素晴らしさでした!
relief_cg2-10-2relief_cg7-12-1

設定・シナリオ 8

プロジェクト・トライメント

それは、社会生活の中で挫折してしまったり、うまく適応することができなかったりした若者を対象とした再就職支援プログラム。

太平洋に浮かぶ孤島で、参加者たちは1年間の学園生活を体験していくこととなる。
※詳細なあらすじはコチラをどうぞ↓↓

ジャンルとしては、人生やり直し系になるのだが、
特徴的なのは、そのストーリー構成

メインヒロインの3ルートがあり、全てクリアで、グランド√が開放。

しかし、メインヒロインの3ルートでは、実はヒロインにフォーカスをあてていない。
正確には当たってはいるのだが、それが本線ではない。

そのルート自体がグランド√への伏線になっているのだ。

具体的に言えば、

・主人公の司は何故過去の記憶がないのか?

・アイとユウ、二人の謎の少女はいったい何なのか?
relief_cg7-12-1

・そもそもトライメント計画の目的とは?

・謎の少女・ユウの問いの意味する所とは?
relief_scene00これらの問いが個別√で伏線として張られ、
グランド√でその回答がじわじわと断片的に明らかになっていく。

正直、私は1周では、個別√とグランド√のつながりを理解できず、2周することに…
この辺はもう少しわかりやすく作ってほしかった感もあるが、
なるほどと納得できた時、初めて名作だと感じることができた。

もう1つ特徴があるとすれば、人工知能技術(AI)をテーマにしていること。
AIという言葉で、物語の全体像に想像がつく方もいるだろうが、本編で確かめて頂きたい。
relief_hinako01

ただし、その分、3人のメインヒロインへの深堀りがされていなかったのが気になった。
可愛いのに、もったいない… (´;ω;`)

キャラクター 10

メインヒロインは日向子、流花、ももアイの4人。
サブヒロインはミリャ、ユウの2人。

主人公とサブキャラクターである伊砂先生三国先生を含め計9人。
(この記事で作品を初めて知る方は、公式サイトを参照ください。
他にもサブキャラクターはいますが、重要なのは9人だと考えています。)

この9人の意外なつながりが個人的にはツボに刺さった

・過去の記憶がない主人公、

・自分の意思でトライメント計画に参加した日向子、流花、もも

・公社の職員である二人の先生

・三国先生の管理下にいるミリャ

・そして、謎の少女・アイユウ

アイとユウがキーパーソンであることはわかっていたが、
予想だにしない人同士のつながりが明らかになった時、キャラ設定がよく練られているな~と素直に感心させられた。

個人的には、ミリャの秘密、二人の先生の過去話はすきでした。

まぁ、あとヒロインは普通に可愛いですね。流石でございました。
relief_scene02

全力で私の好みを述べると、流花>ユウ>アイ>>その他
3人はビジュアルがドンピシャ!
更に言えば、流花とユウはCVがドンピシャ。
(流花:藤川なつ さん、ユウ:涼貴涼 さん)
relief_cg7-11-2
relief_cg7-10-1
流花は付き合った時の照れた感じ、初々しさが最高でした。
relief_ruka01

グラフィック 10

一枚一枚のクオリティがハンパないです。
背景含め、ここまで仕上げてくるかといった丁寧さ。
そして、リアル要素とファンタジー要素のアンビバレンスな描写がたまりません!
relief_cg4-8-2relief_cg6-6-3relief_cg4-6-2relief_cg3-8-1

既プレイの作品では、一番好きなグラフィックでした!

差分も多いし、言うことなしです。

また後日CGまとめの記事を作ります!
11/7追記:CGまとめ記事作りました↓↓

音楽 10

OPとグランドエンディングが良すぎた
グランドエンディングが流れた時の感動はひとしおでした

OPはムービーも必見ですよ!

■OP
曲:Re:TrymenT
歌:紫咲ほたる

■ED
曲:Re:TraumenD
歌:紫咲ほたる

Re:TraumenDのfull ver.ほしいでござる(´・ω・`)

総合評価 9 オススメ度 9

久しぶりに胸に突き刺さるシナリオゲーでした!

正直1周目は、シナリオの全体像を理解できず、要素詰め込みすぎじゃないかなーと思ってたけど、2周目で見る視点を変えてみたら、ちゃんと納得できて大満足です!
各ヒロインのエピローグがグランド√のどこにつながるかを考えると、すっきりします。)

何度も登場するフレーズ

――試してみるんだ、もう一度。

3人のヒロインもそうだけど、主人公の司、アイ、ユウがこのフレーズを言って前を向いた時、ハッとさせられました。

人生嫌なことも多いけど、頑張る勇気をくれた作品。

最後に作中の言葉(メッセージ)を引用します。

辛いこともある。逃げたくなることもある。頑張れないときだってある

でも

それでもボクらは――私たちは、前へと進んでいかなくてはいけないのだから。

休むのはいい。立ち止まるのはいい。

でも、諦めることだけはダメなんだ。

一人で立ち上がれないのなら、誰かに助けを求めればいい。

頑張りすぎてくじけたのなら、再起の時を待てばいい。

まわりを引っ張ることに疲れたのなら、誰かと一緒に歩めばいい。

弱い自分は、きっと誰にだってあるものだ。

問題は、それを直視できるかどうか。

……難しいな、。生きるって

深いですね。

今を変えたいと願うあなたに――
是非プレイしてほしい作品です。

以上『Re:LieF~親愛なるあなたへ~』感想レビューでした!

公式サイト↓↓(リンクバナー)
relief_kvbnr

ネタバレありの感想記事はコチラ↓↓