【ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~】CGまとめ ※個別√感想&ネタバレあり

シェアする

どうも、arcaです。

今回は、あざらしそふとより2015年10月に発売された
『ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~』のCGまとめです!

お嬢様の集う楽園 ――”ロイヤルガーデン”が舞台になっているので、
鮮やかなCGが多く、見ごたえばっちりです!
4人のヒロインの大ボリュームな御胸も注目ですよ!
是非ご覧ください!!

感想レビュー記事はコチラ↓↓

※紹介順はarca’sお気に入りキャラクター順です
※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
※ネタバレがあります。ご注意ください。

天聖院姫桜

国内有数の規模を持つ天聖院財閥の一人娘
属性はツンデレ×王道
3サイズ:92・56・84(Hカップ)

御子神ハルルコ

一代で巨万の富を築いた、豪商御子神豪剣の孫娘。
属性はエロ×怠惰
3サイズ:96・58・85(Hカップ)

ル・セラ・アンフルール・フィオーネ

北欧の王族、アンフルール家の血を引く正真正銘のお姫様
属性は天然×ミステリアス
3サイズ:90・57・83(Gカップ)

ユエ

主人公に皇子役を依頼してきた少女。
だが、その実は彼女自身がエルガンディア皇国の皇太子
属性はお慕い系×皇子様
3サイズ:86・57・86(Eカップ)

Others…

おわりに…

自分のお気に入りCG枚数は

姫桜:11枚
ハルルコ:17枚
フィオネ:8枚
ユエ:8枚

なんだハルルコたん圧勝じゃないか!

と思ってしまいがちですが、姫桜はプレイするとくっそかわいいんだよなぁ~
あと、ハルルコたんがエロ最強ということもあり、このCG枚数差となりました。

一応かるーくシナリオの感想を述べると、

■姫桜
立場上素直になれない神狗郎と自分の気持ちに素直になれない姫桜のやきもちした感じが結ばれた後の情感を高めてくれた。
ただ、姫の自身のコンプレックス(=自分には肩書きしかなく、実際は何も成していないこと)を克服したその後の姿まで見たかったなというのが本音。
ぁ、姫の潮吹き(隠語)は最高でした。

■ユエ

皇太子の振りをしてほしいと依頼してきた従者が実は皇太子だったという驚きの設定!
『陽(ヤン)』と『月(ユエ)』という名前が伏線だったとはなぁ…

性別を偽って国家、国民のために皇太子を務めてきた女の子
彼女の切実な想いがしっかり表現されていて、とてもよかった

みんなが幸せになるのはきっと良い事です。
でも、どうして私だけが、犠牲にならなければならないのだろう?

私は月(ユエ)。決して陽(ヤン)にはなれない存在

私は、ヒロインに、なりたいです…!

ストーリー自体は単純だったが、
神狗郎とユエが絶体絶命のピンチにみんなが助けに来る感じがすごくよかった!
(グリザイアみたいな感じね!)

熱血展開はいいぞ~^

■フィオナ
今までずっと王宮に閉じ込められ、当たり前の楽しさを享受できなかった女の子
身分違いの恋がテーマだが、少しうまくいきすぎな感はあった。
あと、主人公がフィオナに惹かれる根拠が少しうすく、姫桜√より情感が薄かった。

しかし、ごとちゃんとアルの存在、フィオナの天然(したたか?)な面、クラスメイトとの関わりが、ドタバタした楽しい日常を演出し、シナリオに幸福感が満ちていた。

ただどうしても解せないポイントが一つ。
アルとの3Pはいずこへ…(´・ω・`)
Jカップおっぱい………

■ハルルコ

ハルルコの付き合った後のしおらしい姿にはギャップ萌え!
ストーリーはハッピーエンドだったが、国がらみとユエの明かせない事情が多すぎて、あまり内容がはいってこないというのが正直なところ。
とりあえず御子神爺さんのおかげだなーって感じ。
とにかくハルルコたんは胸といい八重歯といいあざといビジュアルですわ(確信)

以上、あざらしそふと『ロイヤルガーデン~乙女に恋する皇子の戯曲~』CGまとめでした!

感想レビュー記事はコチラ↓↓

公式サイト↓↓(リンクバナー)
あざらしそふと2ND PROJECT「ロイヤルガーデン」